Skip to main content

ブノワ・ゴエズ

モエ・エ・シャンドン
醸造最高責任者

マルコ・ファディガ

モエ・エ・シャンドン
エグゼクティブ・シェフ

ブノワ・ゴエズ

モエ・エ・シャンドン
醸造最高責任者

"料理の色、ニュアンス、組み合わせを観察するとワインのプロフィールについての考えが浮かんできます。"
ブノワ・ゴエズ

シャンパン&ガストロノミー

醸造最高責任者

不思議なことに、シャンパンとのフードペアリングについて記されたものが、ほとんど存在しないのです。

エグゼクティブ・シェフ

スタイリストがモデルを中心にスタイリングをするように、私はワインを中心にレシピを構成するのが好きです。

モエ・エ・シャンドンのシャンパン

醸造最高責任者

芳醇で爽やか、どっしりとしていながら軽やか、酸味、甘味、苦味そしてうま味をも持つシャンパンの多面性は、異なるブドウ品種をバラエティに富んだ畑から収穫し、大地の恵みを最大限に生かしながら醸造することによって生まれます。

エグゼクティブ・シェフ

モエ・エ・シャンドンのシャンパンは、表情豊かなラインナップが揃っています。

感覚

醸造最高責任者

シャンパンにとって最も重要なのは、主体となるフレーバーとテクスチャーに由来する味わい。アロマだけを感じればよい、というわけではないのです。

エグゼクティブ・シェフ

シャンパンとのフードペアリングには2つの感覚が必要不可欠で、それは「味」と「香り」です。それに加え、一般的にはあまり語られませんが、私が重要視しているのが「色合い」と「テクスチャー」です。

色合い

醸造最高責任者

料理の色、ニュアンス、組み合わせを観察するとワインのプロフィールについての考えが浮かんできます。

私はモエ・インペリアルと野菜天ぷらのマリアージュを今でも忘れずに覚えています。そのひと時を特別なものにした環境とエスプリで、素晴らしくシンプルな美味しさを体験しました。

エグゼクティブ・シェフ

キッチンで食材を目の前にすると、色の調和によってペアリングを啓示されるような時があります。やはり自然界で生み出されるハーモニーに間違いはないんですね。

私は「ネクター アンペリアル」とアンコウのカレーの刺激的なペアリングが特に好きです。

"スタイリストがモデルを中心にスタイリングをするように、私はワインを中心にレシピを構成するのが好きです。"
マルコ・ファディガ

フードペアリング入門

醸造最高責任者

まずは「モエ アンペリアル」と魚のポワレ~ブール・ブランソース添え~のペアリングから始めましょう。

エグゼクティブ・シェフ

「ロゼ アンペリアル」と鴨肉のロースト~ラズベリーソース添え~は、まさしく互いを補い合うペアリングだと思います。

« Every second, somewhere in the world, the cork of a Moët & Chandon bottle pops. »
毎秒1本、世界中のどこかでモエ・エ・シャンドンのボトルが開けられています。
logo
LINE App QR Code

QRコードでLINEの友だちを追加

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>

[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。

ID 検索の場合は、「@moetchandon」で検索!

スマートフォンからは、こちらをタップ!